Work Shop (Jazz Harmony / Arranging / Composition) -ジャズ理論・作編曲ワークショップ-

「ジャズ理論書を買ってみたもののチンプンカンプンで…」

「楽器自体は弾けるけど、アドリブをどうやってとればよいか分からない」

「アドリブの上達で行き詰まっている」

「曲をつくってみたけど、なんか不自然で…」

「似たような曲しかかけなくて」

という方々に向けたワークショップ。

基本や初歩から少しずつ12の音にまつわるルールを知ることで、いろんな問題が解決し、今まで知らなかったことが原因でできなかったことが、驚くほどうまく解決していきます。

 

レッスン内容

月2回 日曜午前もしくは午後 各90分。

少人数制のグループ講義で、ジャズや音楽の歴史を交え、他の受講生の方々とアイディアをシェアしながら進めていきます。 基礎、中級、上級の3部構成でそれぞれ2期で構成されています。1期のレッスンは全6回構成となります。

開始クラスは自由に選んでいただけますが、講義を受けたことのない方は理論の知識をお持ちでも、基礎Ⅰクラス(一番最初のクラス)からの受講をかなりお勧めします。それぞれのコースが完全に理解できることを前提に後のコースのカリキュラムを組んでいますのでわからない課題があると先に進めなくなってしまします。 知っているつもりでも案外知識に抜けがあったりしますので是非最初から受講してみてください。再確認する中で新しい発見があるはずです。

基礎クラス -Basic Class-
Part Ⅰ  
Session 1 調号とスケールについて
Session 2 コードの種類
Session 3 Major keyにおけるダイアトニックコードおよびその役割(トニック、ドミナント、サブドミナントの関係性)
Session 4 Ⅱ-Ⅴ-Ⅰ進行と、cycle of 5th(4th)について
Session 5 アイオニアンからロクリアンまで各モードのtention note、avoid note(schale approach note) 、characteristic noteの説明
Session 6 Secondary dominantとDual function
Part Ⅱ  
Session 7 Extended dominant, Substitute dominant
Session 8 ブルース進行とブルースコード
Session 9 ディミニッシュコード 
Session 10 Deceptive resolution
Session 11 session10までの内容をもとに、楽曲分析および作曲をします。
Session 12
基礎クラスでの使用および分析楽曲
各種ブルース、各種リズムチェンジ, Satin Doll, Confirmation, My Little Suade Shoes, I can’t Get Started, All the things you are, Stablemates, Softly as in a Morning Sunrise, Summertime, Chiken, When You Wish Upon A Star他
 
中級クラス -Intermediate Class-
Part Ⅰ  
Session 1 基礎クラスの内容確認
Session 2 マイナースケールとダイアトニックコード
Session 3 マイナーのダイアトニックコード・スケール、サブドミナントマイナー
Session 4 ヴォイシングの方法① closed voicing, drop2 Voicing
Session 5 ヴォイシングの方法② drop2, drop3 voicing
Session 6 ホールトーンスケールとオーギュメントコード
Part Ⅰ  
Session 1 中級Ⅰの内容確認
Session 2 ヴォイシングの方法③ Spread voicing
Session 3 Low Interval Limit
Session 4 メロディライティングとアプローチノート
Session 5 Rehearmonization Technique ①
Session 6 Rehearmonization Technique ②
Part Ⅲ  
Session 13 中級Ⅱの内容確認
Session 14 曲の構成について(イントロ、エンディングなど)
Session 15 ハーフディミニッシュコード
Session 16 モーダルインターチェンジ①
Session 17 モーダルインターチェンジ②
Session 18 転調の技法
中級クラスでの使用および分析楽曲
Reflections, Yardbird Suite, Wave, Triste, Take Five, Night and Day, Bright Size Life, Song For Bilbao, Lush Life, Peace, Take the A train, Stella by Starlight, Round About Midnight, Joy Spring、All The Tings You Are、Stablemates、Softly As In A Morning Sunrise、My Favorite Things、Night And Day、Fee-Fi-For-Fum、Oriental Folk Song、The Etarnal Triangle、Chelokee、Recado Bossa Nova、Work Song 他
 
上級クラス -Advanced Class-
Part Ⅰ  
Session 1 基礎、中級クラスまでの内容確認
Session 2 ヴォイシングの方法 ⑤ voicing in 4th
Session 3 ヴォイシングの方法 ⑥ cluster voicing
Session 4 メロディラインの分析と、メロディライティングにおけるアプローチ法
Session 5 ヴォイシングの方法 ⑦ 5note soli voicing
Session 6 ペダルノート、オスティナート、ラインクリシェ
Part Ⅱ  
Session 7 Modal Harmony
Session 8 3tonic system、4tonic system (いわゆるコルトレーンチェンジについて)
Session 9 Inversion、Upper structure triads
Session 10  Hybrid chords 
Session 11  session10までの内容をもとに、楽曲分析および作曲、編曲をします。
Session 12
上級クラスでの使用および分析楽曲
Bolivia, Ugetsu, Firm Roots, Moments Notice, On Green Dolphin Street, A, Night In Tunisia ,So What,Like Sonny, Giant Steps, Satellite, Countdown, Body and Soul, Con Alma, Tell Me a bedtime Story, Dolphin Dance, James 他

 

レッスン料金

受講料 ¥30,,000 (税抜)
レッスン 1期 全6回 1レッスン90分          ワークショップ受講希望者

※ 一括で現金で前払いでのお支払いとなります。お支払方法は教室の指定口座へお振込して頂いております。レギュラーレッスン受講の方は優待料金での受講が可能です。

※お休みされた講義の補講、振替は出来ません。

お申し込み方法

下記までメールか電話でお問合せもしくはお申し込みください。メールでお申し込みの場合はお名前、連絡先、希望するクラスを明記してください

連絡先

電話 03-6411-3953
email mail@saijazz.com

※ワークショップクラスについいては体験無料レッスンは行っておりません。興味を持たれた方は詳細お問合せください。

講師紹介

佐藤 恭子 

兵庫県姫路市出身
横浜国立大学在学中にアルトサックスとジャズに出会う。“横浜国立大学モダン・ジャズ・研究会”と“早稲田大学ハイ・ソサエティ・ジャズ・オーケストラ”に参加。池田篤氏に師事。 バークリー音楽大学及びロータリー財団から奨学金を獲得し、同大学へ留学。

バークリー音大では、ジャズ作曲科を専攻し、Ted Pease, Greg Hopkins, Phil Wilsonに師事。また、サックスをFrank Tiberi, Shannon LeClaire, George Gazoneに、インプロヴィゼーションをDave Santoro, Ed Tomassi, Hal Crookに、指揮法をValerie Taylorに師事。バンドリーダー、作編曲家として評価され、”トシコ・アキヨシ・アワード”を、演奏家として”ウッドウィンド・デパートメント・アワード”を受賞。JVCジャズフェスティバル等数々のジャズフェスティバルやコンサートに出演。

同大学を卒業後、NY及びボストンにて演奏活動及び、インストラクター、アレンジ提供等で活躍。マンハッタン、ハーレムのジャズクラブを中心に、数多くの第一線のミュージシャンと共演をかさねる。東京に拠点を移してからは、演奏家及び作編曲家として、ジャンルにとらわれず幅広く活躍し、ジャズシーンおよびクラブシーンにて、アルバムを2枚リリース。また、作家の辻仁成監督映像作品「Virtual Trip Paris」や、映画「ペゴロスの母に会いに行く」(第87回キネマ旬報、2013年公開の日本映画部門で第一位)などの映像作品や、企業CMの音楽制作等でも活躍中。
ホームページ: http://www.kyokosatoh.com/

河野 祐亮

東京都出身
2010年 慶應義塾大学卒
2011年 渡米
2012年 The New School Jazz And Contemporary Music入学
2014年 9月日本帰国

学生時代からキーボーディストとして様々なバンドに参加。Kenny Kirklandのサウンドに衝撃を受けてジャズピアニストを目指す。都内のジャズクラブやライブハウスにて演奏を重ね、自身のバンドでYAMAHA主催の『即レコ24LIVEオーディション』優勝。
2011年からNYに住み始め、2012年にThe New School Jazz And Contemporary Musicに奨学金オーディションに合格し入学。Gerald Clayton、Christian Sands、Sam Yahelらピアニストから指導を受けながらNYで演奏活動を行う。
2014年9月日本帰国。現在は東京を拠点に全国で演奏活動中。