Vibraphone -ヴィブラフォンのレッスンをお探しの方へ-

多くの人が小学校の音楽室で触れているのに、それ以来見たことがないであろう、ヴィブラフォンという楽器。

そんな楽器をいざ練習しようと思っても、教えてくれる先生がいない。
そんなことを思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ヴィブラフォンは音を出すのは簡単です。
叩けばいいだけですから。

ただ「いい音」を出すためにはそれなりのコツが必要です。
曲を演奏できるようになっても自分が出す音が好きじゃなければ楽しくないですよね?

マレット(楽器をたたくバチ)の持ち方から譜面の読み方、アドリブまで、経験豊富な現役のプレイヤーがレッスンします。

・ 触ったことがないけど、カッコ良さそう。
・ みんなとは違う楽器がやりたい。
・ 小さい頃演奏したことがあるけど、ちゃんとレッスンを受けてみたい。
・ マリンバの経験はあるがジャズやラテン音楽でアドリブしてみたい。
・ 2本ずつマレットを持って4本で演奏してみたい。
・ 他の楽器の人たちとセッションしてみたい。

始める動機は人それぞれ。
まずは自分が楽しく、そしてみんなと楽しく演奏できるように一緒に「音楽」しましょう!

 

レッスン内容

1回90分/月2回のプライベートレッスンです。

基本的な2本マレット奏法、4本マレット奏法のレッスンやリズム練習と 曲を使ってのメロディの叩き方、コードを読みながらバッキングの練習やアドリブソロまで生徒さん個々のレベルに応じてレッスンしていきます。

数回のレッスン後、ご自身専用のマレットのみご用意いただきます。
お手持ちのマレットがあればそれで構いませんし、わからない場合はこちらで代行して購入も可能です。最初のレッスン時に講師にご相談ください。(メーカーにもよりますが1対¥4.000~¥5.000、4本マレット奏法の場合、2対必要です)
初めは手ぶらで構いませんが、上手くなるためにはぜひ五線紙と筆記用具をご持参ください。 譜面が読めない方には読み書きも指導します。

毎回のレッスンごとに課題をお渡ししますので自宅に戻られてからはその内容を練習して下さい。 ご自宅に戻られてからの練習で分からないことがあった場合やレッスン内容が思い出せない時は電話、メールでいつでも質問を受け付けています。

レッスンで使用する楽器は講師が事前に搬入、組み立てしたものを使用しますのでご自身の楽器をお持ち頂く必要はありません。また、楽器の購入を希望される場合はそれぞれの方の状況に合わせた選択ができるように丁寧にアドバイスさせて頂きます。

※マリンバレッスンをご希望される方は個別に対応可能ですので詳細お問合せください。

初回のレッスンは体験無料となっていますので興味持たれた方は是非とも体験レッスンにご参加ください。 (体験レッスンについての詳細こちらから

レギュラーレッスン・体験レッスンについてのお申し込み、お問合せは下記までご連絡ください。

連絡先
電話 03-6411-3953
email mail@saijazz.com

お電話もしくはメールでお問合せください。 メールでお申込みの場合は お名前、連絡先、希望する楽器、希望日程を明記してください。

レッスン料金

 
入会金 ¥10,000(税抜)
月謝 ¥21,000(税抜)
レッスン 月2回 1レッスン60分  中学生以上、経験問わず。ヴィブラフォンレッスン希望者

※毎月のお月謝は前月27日に翌月分を前払いで金融機関より自動引落しにてお支払い頂きます。入会時には以下のものをご用意ください

※マリンバレッスンをご希望される方は個別に対応可能ですので詳細お問合せください。

※月2回のレッスンを月1回にすることも可能です。その場合はお月謝は半額になります。

入会金
初月の月謝
金融機関名、預金口座番号、支店名のわかる通帳、キャッシュカード等
預金通帳届出印鑑

講師紹介

ヴィブラフォン

宅間 善之

幼少の頃よりマリンバ奏者である父・宅間久善の影響を受け、マリンバを始める。
高校在学中よりジャズに興味を持ち、マリンバと並行してビブラフォンを始め、ジャズ理論を村井秀清に師事。
高校卒業後、アメリカのバークリー音楽院に留学。
ビブラフォンを デイブ サミュエル, エドセインドン, ビクター メンドーサ、マリンバを三村奈々恵に師事。
在学中に多数のコンサート、ライブ、レコーディングセッションをこなし、上原ひろみ、元晴(Soil & Pinp Sessions)等と共演。2002年、Most Active Mallet Players Awardを受賞。2003年、同大学を卒業。

帰国後はライブハウスや有名ホテルでのブライダル、パーティー、ラウンジ演奏などで活動する傍ら、スタジオミュージシャンとして氷川きよし、Rag Fair、クミコ、quasimode、手塚治虫アニメで冨田勲氏の作編曲によるレコーディングや、アーティストのライブサポート、実父である宅間久善のレコーディングとコンサートツアーにも参加し、楽曲提供も行っている。  
2007年にはジャズの老舗ライブハウス『スイートベイジル STB139』への出演や、『瀬戸内寂聴訳「源氏物語」より詞劇 艶は匂へど・・・』に音楽担当として参加、好評を博す。これを機に実弟政彰と『MALLET×PIT』を結成、2枚のアルバムをリリース。  
近年は自己のグループ「Vibrasonic」で作編曲も担当し、首都圏有名ライブハウスで活躍中。2013年10月には初のリーダー作として、ファーストアルバム『diario ~ディアーリオ~』を、2014年8月にはLIVE LAB.から「宅間善之 Vibrasonic」のライブDVDを発売中。

ジャズ、フュージョンを中心にラテン音楽、クラブミュージック、演歌、ヒーリングミュージックなどジャンルを問わずに精力的に活動している数少ないマレット&パーカッション奏者である。

●主な共演者(敬称略、順不同)菅原洋一、宗次郎、デビッド・マシューズ、渡辺えり、早見優、鈴木トオル、北村英治、前田憲男、寺井尚子、小沼ようすけ、川口雷ニ、高橋ゲタ夫、大坂昌彦、TOKU、秋満義孝、松下誠、元晴・タブゾンビ・秋田ゴールドマン(soil & pimp sessions)、Cro-magnonなど。